トヨタ車体は3種類の商用コンセプト車を「第45回 東京モーターショー 2017」(東京ビッグサイト、一般公開:10月28日〜11月5日)で公開する。名称は「LCV CONCEPT(ライト・コマーシャル・ビークル コンセプト)」シリーズ。商用車としての利便性に加えて、耐久性や経済性などを高めた車両を目指した。展示会への出展を通して、国内外からの意見を広く集めて開発に生かす考えだ。

 1車種目は「LCV D-CARGO CONCEPT」である(図1)。小口の配送用車両としての利用を想定している。特徴は前席左側のドアが前方に、後席左席側のドアが後方に開閉すること。これにより、後席部分に荷物が出し入れがしやすくなる。配送作業中の運転者が、運転席と助手席を移動しやすいように設計。配送作業での乗り降りの負担を減らし、配達効率を高められる。

図1 配送用の「LCV D-CARGO CONCEPT」
[画像のクリックで拡大表示]

 車両寸法は全長4700×全幅1735×全高1885mm。車内寸法は車内長3500×車内幅1550×車内高1345mmで、乗車定員は1人である。

 2車種目は「LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT」だ(図2)。ビジネス用ハイヤーとしての利用を想定して設計し、助手席部分にスーツケースや機材などを納められる空間を設けた。搭載する大型の液晶ディスプレーによって、移動しながらテレビ会議に参加することができる。

図2 ビジネス向けの「LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT」
[画像のクリックで拡大表示]

 車両寸法は全長4700×全幅1735×全高2120mm。車内寸法は車内長3500×車内幅1550×車内高1580mmで、乗車定員は3人である。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら