ロボットコントローラーを開発するMUJIN(本社東京)は、工場や物流といった現場でティーチングなしでロボットを稼働させるデモンストレーションを「2017国際ロボット展」(2017年11月29日~12月2日、東京ビッグサイト)で展示した。同社のコントローラーを用いると、ロボットに動作を教え込むティーチングが不要になる。ブースではロボットと3Dビジョンセンサーなどを組み合わせて、複数個ある金属部品をカゴの中からピッキングしたり、コンテナからの荷物を下ろしたりしていた。

 展示の中には手作りのカスタムロボットがワークを掴み、所定の位置へと移動を繰り返すデモがあった。大手ロボット専業メーカーの製品ではないが、同社のコントローラーによって容易に精度の高いピッキングをこなせるという。「ロボットのハードウエアを造る企業は増えている。しかし、多くの企業がまだ精度よくピッキングするソフトウエアを開発できていない」(同社の説明員)。同社はそういった企業に対してソフトウエアを提供することで、ロボットの普及を支えたいとしている。

手作りロボットが精度よくワークを掴んだり、離したりする
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら