シナノケンシ(本社長野県上田市)は、ステッピングモーターとサーボ制御の組み合わせにより異型物を柔軟につかめるロボットハンド「電動3爪ロボットハンド」を開発した。小物製品の組立工程や医薬品・化粧品の製造工程において、対象物が非定型、柔らかい、小さいといった理由で人手に頼っていた場合の自動化を図れる。

ここからは有料会員の登録が必要です。