三菱電機は、同社の人工知能(AI)技術「Maisart」(Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in technology)を産業用ロボットの力覚制御に適用することで動作時間を短縮する「AIを活用したロボットの力覚制御の高速化技術」を開発した。新技術により、部品のはめあい作業やコネクター・基板の挿入作業を高速化でき、電機・電子製品の組立工程において生産性向上を図れる。

ここからは有料会員の登録が必要です。