「食の将来に対する不安を解決したいと考えたのがきっかけだ」(ブースの説明員)。三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)のブースでは、SMFGグループを挙げて取り組む、農業にIoTを活用する事例を紹介していた。センサーを用いた水田の管理や、農業ロボットの開発プロジェクトに関するパネルなどを展示。いずれも現在は実証実験やコンセプトを詰める段階だが、いずれも近い将来の実用化をにらんで歩を進めている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら