「お、ここのブースは盛況だな、行ってみよう」「効率を考えて、混雑していないブースから回ろう」——。参加者が目を凝らすのは紙の地図ではなくスマートフォン(スマホ)の画面(図1)。「CEATEC JAPAN 2017」(幕張メッセ、2017年10月3~6日)では、スマホを片手に“戦略的”にブースを回る来場者が目立った。スマホの画面を見れば、各ブースの混雑状況や自身が回った経路の履歴が一目で分かる。仕掛けたのはカレンダーアプリケーション(アプリ)のジョルテだ。

図1 CEATEC初導入のリアルタイム地図、「ヒートマップ」や「ライブレポート」機能がある
[画像のクリックで拡大表示]

 今回ジョルテは、世界3000万ダウンロードを達成した同社のカレンダーアプリ「Jorte(ジョルテ)」の機能を拡張。CEATECの公式アプリとして専用のページを追加した(関連記事:新生CEATEC JAPAN、今年はHALL4から回れ!)。リアルタイム地図の導入はCEATECとしては初めての試みだ。

 展示会場内の各ブースに発信用のビーコンを貼付け、アプリをダウンロードしたスマホが一定の範囲内に入るとビーコンの信号を受信する。各スマホを経由して来場者の位置情報をサーバーへ集める仕組みだ。

 スマホの位置情報とBluetoothの設定を有効にすると、ブースごとの混雑状況が分かる「ヒートマップ」を表示したり、来場者が回ったブースを確認できる「ライブレポート」機能を使えるようになる。ヒートマップは円の大きさと色で混雑を表す。円は人数に応じて大きくなり、特に多く集まるブースは赤色で表示するようにした。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら