ホンダは2017年9月25日、着脱可能な車載用のリチウムイオン電池を「CEATEC JAPAN 2017」(幕張メッセ、2017年10月3〜6日)」で公開すると発表した(図1、2)。名称は「Honda Mobile Power Pack」。電動2輪車(EVバイク)や小型電気自動車(EV)をはじめ、家庭用の電源として共用できるようにする(ニュースリリース)。

図1 ホンダが開発した着脱式のリチウムイオン電池「Honda Mobile Power Pack」
[画像のクリックで拡大表示]

 電動車両の開発で大きな課題となるのは電池のコストだ。自動車メーカー各社は安価で小型な電池の研究開発を進めるとともに、調達先の選定によるコスト削減にしのぎを削る。

 ホンダが開発した着脱式の電池を適用すれば、2輪車と4輪車で搭載する電池を統一できる。2台の車両で一つの電池を使い回せるため、消費者が支払う車両の購入費用を大きく下げられる。

 利用時の課題だった充電時間の短縮も期待できる。実用化にあたり、道路脇や駐車場などに“棚型”の電池充電スタンドを設置。利用者は車両側の使用済みの電池と、棚型のスタンドにある充電済みの電池を交換する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら