まるで底なし沼のようだ――。人だかりの中、人や物が沈む砂を見て来場者が呟いた。ものつくり大学は、国内最大級の開発者向け会議「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2017(CEDEC2017)」(2017年8月30日〜9月1日、パシフィコ横浜)で砂が液体のような挙動をみせる「流動床インターフェース」のデモを行った。

ここからは会員の登録が必要です。