ホンダは2017年6月5~7日に開催した技術試乗会「Honda Meeting 2017」で、一般道を想定した自動運転のデモを見せた。SAE(米自動車技術会)が定める「レベル3~4」の自動運転を想定したものである(図1)。

図1「アコード」ベースの実験車両
[画像のクリックで拡大表示]

 レベル3以上の自動運転を実現するには、現行のカー・ナビゲーション・システムより高精度の3次元地図データ(高精度地図データ)が必要との見方がある。これに対してホンダが見せたデモは、高精度地図データを使わずに、単眼カメラの情報だけで加減速や操舵を自動制御するのが特徴だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら