台湾の電気自動車(EV)メーカーであるHAHA GENERATION社は、シリーズ・ハイブリッド・システムを採用したトラックを開発した。ディーゼルエンジンで発電機を回して電気を生み出す。発電した電気は、車両中心部の左右に搭載した定格出力20kWの電池にためる。発電機と電池の電力を使って定格出力60kWのモーターで走行する。現在、走行試験を実施している段階で、航続可能距離は400km以上になる見込みだという。発売日や価格は未定。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら