トーキンは、同社の焦電型赤外線センサー「PL-N823-01」に開発中のマイコンモジュール「SS-430」を組み合わせて感度を高めた製品を、「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~20日、幕張メッセ)で展示した。主に人感センサーを搭載する家電などを想定して開発したもので、家電で多く使われる厚さ3.2mmのガラス越しでも感知することが可能とする。2017年夏に実用化する予定。

ここからは有料会員の登録が必要です。