閉じる

TECHNO-FRONTIER 2017

2017年4月19日(水)~21日(金)、幕張メッセにて開催
日経テクノロジーオンライン

目次

  • ΔΣの低雑音と逐次比較の高速性、FA向けに新型A-D変換器

     旭化成エレクトロニクスは、FA(Factory Automation)機器の閉ループ制御システム向けに開発中の新型A-D変換器を「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~21日、幕張メッセ)で見せた。雑音が低く高分解能化に適するΔΣ型と、高速化に適する逐次比較型の特徴を併せ…日経テクノロジーオンライン

  • インバーター、モーター、電源だってつながりたい

    2017年4月19~21日に幕張メッセで開催された「TECHNO-FRONTIER 2017」では、IoT時代を見据えた、状態監視機能と通信機能を備えた汎用インバーターやモーター、電源の新製品の提案が相次いだ。いずれも、稼働状態を監視し、予兆保全などに生かす応用を想定している。日経テクノロジーオンライン

  • ドローン使った土壌モニタリング、ロームがデモ

    ドローン用の周波数帯域169MHzを利用して通信

    ロームは、ドローンを用いた土壌環境モニタリングシステムのデモをTECHNO-FRONTIER 2017と国際ドローン展(共に2017年4月19日~21日、幕張メッセ) で披露した。日経テクノロジーオンライン

  • 安川電機が工場用IoTシステムをデモ、詳細は秋に

     安川電機は、工場の生産設備の稼働状況などをモニタリングできるIoTシステムのデモを、「TECHNO-FRONTIER 2017」の企画展示「IoTが拓く次世代ものづくりの世界」で見せている(図1)。生産設備の情報をEthernetや無線LAN経由でエッジ側に置いたサーバー機にリアルタイムで収集し、…日経テクノロジーオンライン

  • サンケン、デジタル制御電源用マイコンの開発計画を明らかに

    サンケン電気は、デジタル制御電源用マイコンの開発ロードマップを「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~21日、幕張メッセ)の同社ブースに掲げた。日経エレクトロニクス

  • レンズなし・ガラス越しOK、目立たない人感センサー

     トーキンは、同社の焦電型赤外線センサー「PL-N823-01」に開発中のマイコンモジュール「SS-430」を組み合わせて感度を高めた製品を、「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~20日、幕張メッセ)で展示した。主に人感センサーを搭載する家電などを想定して開発したもので、…日経テクノロジーオンライン

  • アンドロイドじゃなくていい?マネキン+AIでご案内します

     衣服などをディスプレーするためのマネキン大手の七彩と、対話エンジンの研究開発などを行うベンチャー企業Nextremerは、「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~20日、幕張メッセ)併催の「駅と空港の設備機器展」に、「インタラクティブ マネキン コミュニケーションタイプ」…日経テクノロジーオンライン

  • ロームが参考出展、180nAと低消費の降圧型DC-DCコンIC

    ロームは、自己消費電流が180nA(標準値)と極めて低い降圧型DC-DCコンバーターIC「BD70522GUL」を開発し、「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~21日、幕張メッセ)で参考出展した。サンプル出荷は2017年7月に開始する予定。量産は、2017年12月に始める…日経エレクトロニクス

  • 2つとも本邦初公開、STマイクロがLoRaとSigfoxのモジュール

    STマイクロエレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~21日、幕張メッセ)にブースを構え、中長距離無線通信で注目のLoRaWAN対応の無線通信モジュールおよびSigfox対応の無線通信モジュールなどを展示した。どちらのモジュールも、日本での公開は初めてだと…日経エレクトロニクス

  • IoT向け製品がそろった、オンセミが開発キットの利用例を披露

    オン・セミコンダクターは「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~21日、幕張メッセ)にブースを構え、IoT向け製品のデモンストレーションなどを行った。これまでTECHNO-FRONTIERでは車載向け製品に重きを置いた展示が多かったが、今回はIoTをテーマにしたコーナーを設…日経エレクトロニクス

  • セイコーNPC、磁気アレーセンサーで2次電池を非破壊検査

     セイコーNPCは、Liイオン2次電池の非破壊検査に向けた磁気アレーセンサーを「TECHNO-FRONTIER 2017」(2017年4月19~21日、幕張メッセ)の大同特殊鋼ブースに参考出展した。大同特殊鋼のナノグラニュラーTMR型磁気センサーを採用したもので、Liイオン2次電池の欠陥(短絡)部分…日経テクノロジーオンライン

  • 電池交換できるIoT向けセンサーロガー、FDKが発表

    FDKは、電池交換が可能なIoT向けセンサーロガー「AZ003」を発表した。新製品は富士通アドバンストエンジアリングと共同で開発した。日経エレクトロニクス

  • 雑菌検査を簡便に、浜ホトが光電子増倍管向け超小型電源

    浜松ホトニクスは、3~5Vの入力電圧を最大1100Vまで昇圧して光電子増倍管に供給できる、超小型電源モジュール「C14210-14」を開発した。同社従来製品と同じ安定性を維持しながら、体積、質量ともに半分以下にした。日経エレクトロニクス

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー