図1 BYD Auto社のPHEV「唐100」
[画像のクリックで拡大表示]

 世界で最も多くの電動車両を売る中国BYD Auto社がもがいている。2016年はプラグインハイブリッド車(PHEV)と電気自動車(EV)を合わせて「10万台以上」(同社)販売し、前年比で60%以上増やした。好調な販売の陰で戦略の転換を迫られる様子が、「上海モーターショー2017」で浮き彫りになった(図1)。

 中国ではPHEVとEV、燃料電池車(FCV)を「新エネルギー車」(NEV:New Energy Vehicle)と認定し、政府主導で普及させようとしている。PHEVを中心に展開するBYD社はこの波に乗って成長した(図2)。

図2 「上海モーターショー2017」でブースを構えた
[画像のクリックで拡大表示]

 10万台の販売台数のうち、BYD社は約90%を中国国内でさばく。だが、ここへきて中国の市場環境に二つの大きな変化が訪れている。NEVへの補助金の減額と規制の導入だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら