香港の正道集団(Hybrid Kinetic Group Ltd.)は2017年4月19日、「上海モーターショー2017」(一般公開:4月21~28日)で、シリーズハイブリッド型電気自動車を発表した。セダンの「正道H600」と5シートSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の「正道K550」、7シートSUVの「正道K750」の三車種を、「いずれも三年以内に量産する」(正道集団CEO徐建国氏)。上記のうち、正道H600は2017年3月のジュネーブ自動車展に出展している。販売価格は未定。

正道集団CEO徐建国氏が新車を発表する様子
[画像のクリックで拡大表示]

 シリーズハイブリッド方式を採用しており、いわば“発電機を積んだ電気自動車”で、燃料を補給するだけで走り続けられる。使い勝手はエンジン車と同じだ。エネルギー供給用のインフラを新規に整備する必要はなく、既存のガソリンスタンドでそのまま対応できる。

タービン発電機の仕事の様子
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら