試作した撮像素子(図:ISSCC、以下同)
試作した撮像素子(図:ISSCC、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]
主な仕様
主な仕様
[画像のクリックで拡大表示]

 静岡大学 川人・香川・安富研究室と同大学発のベンチャーであるブルックマンテクノロジの研究グループは、雑音が0.44電子と小さいCMOSイメージセンサー(CIS)を試作し、「ISSCC 2017」で発表した(講演番号:4.8)。市販されているCMOSイメージセンサーの雑音は、「1電子ほど」(研究グループ)である。0.5電子未満に雑音を抑えることで、「半月の月明りの中で撮像できる水準」(同)とする。0.44電子という値は、30フレーム/秒ほどで撮影したときの値である。

 有効画素数は水平720×垂直700で、各画素サイズは11.2μm。0.11μmルールのCISで作製した。ダイナミックレンジは72.3dBで、消費電力は776mWとする。「実用的な画素数とフレームレートのイメージセンサーとして、非常に小さな雑音で広いダイナミックレンジ」と胸を張る。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら