キヤノンはダイナミックレンジが111dBと広い、グローバルシャッター(GS)方式対応のCMOSイメージセンサーを開発し、「ISSCC 2017」で発表した(講演番号:4.5)。2/3型で、画素数は2592×2054。画素ピッチは3.4μmである。消費電力は450mW。講演後のデモセッションでは、開発品を使って、羽根が回転している扇風機を撮影するデモを見せた。

ここからは有料会員の登録が必要です。