ここからは有料会員の登録が必要です。

生体をヒントにIoTデバイスの計算量を削減、日本IBM