日本企業の品質管理の現状を改めて考え直している今回のテクノ大喜利。7番目の回答者は、微細加工研究所の湯之上 隆氏である。DRAMのプロセス技術者の立場を離れ、同志社大学で日本のDRAM産業の衰退の原因を探る研究をしていた経験を持つ同氏は、DRAM産業の衰退と今回の品質管理不安の双方に見られる日本企業固有の問題をえぐり出している。なお、今回の記事は、湯之上氏を記事構成役の伊藤元昭がヒアリングし、回答を記事化している。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら