「X-Tech」という言葉で総括される、技術でビジネスにイノベーションを起こそうとする動きが広がっている。金融、保険、医療、教育、農業、行政など歴史ある業界に、人工知能(AI)やIoTなどICT技術を使って、新たな価値を生み出そうとする動きだ。そこで使われるICTは、“ドッグイヤー”と呼ばれる速さで進化し続け、X-Techのコンセプトの下で生まれる新しいビジネスもまた進化し続けていくように見える。

 ただし、本当に新しいビジネスを次々と実践に移していくためには、新しいアイデアをビジネスとして仕上げる取り組みとともに、新しいビジネスが円滑に受け入れられる素地を整備していく必要がある。X-Techの“X”の部分の業種は、法律や制度、商習慣などでガチガチに固められた古い業種であることが多い。だからこそX-Techの価値があるとも言えるのだが、現行法や現状の仕組みに反してまで新しいビジネスを展開することはできない。米国で普及したライドシェアが、日本で事業化できないのが、その端的な例だ。

 「大喜利回答者、2018年の注目・期待・懸念」をテーマに、各回答者が注目している2018年の動きを挙げていただいている今回のテクノ大喜利。9番目の回答者は、某ICT関連企業のいち半導体部品ユーザー氏である。同氏は、2018年の注目点として、新しい技術の利用とそれによって生まれる新しいサービスの登場を後押しする法整備を挙げた。

(記事構成は、伊藤元昭=エンライト
いち半導体部品ユーザー
某ICT関連企業
いち半導体部品ユーザー ICT関連企業で装置開発に必要な半導体部品技術を担当。装置開発側の立場だが部品メーカーと装置開発の中間の立場で両方の視点で半導体部品技術を見ている。
【質問1】2018年に産業や社会に大きなインパクトを与える注目すべき動きは何ですか?
【回答】想定外の出来事
【質問2】長期的観点から発展や成長、ブレークスルーの登場を期待していることは何ですか?
【回答】人間の創造力とVR技術の成長に期待
【質問3】2018年に産業や社会へのネガティブな影響を及ぼしそうな懸念点は何ですか?
【回答】法整備の遅れと買い控え

ここからは有料会員の登録が必要です。