今回もハイウェイテクノフェアの会場には、様々な道路整備を効率化するための技術、道路の安全を高めるための機器が並んでいた。そんな中、高速道路の逆走を検知するシステムを、それぞれ異なるセンサーを用いて提案している企業がいることに興味を覚えた。

 自動車部品のメガサプライヤーであるデンソーは、LIDARを用いて逆走を検知する技術を開発した。これは広いセンシング範囲を誇る同社製のLIDARをインターチェンジの合流地点内側に設置。合流車線から本線に入る際、誤って本線を逆走するクルマがあれば検知できる仕組みだ。出口ランプにもLIDARを設置すれば誤進入も検知できる。

日本無線が開発したミリ波レーダーセンサーと演算処理を行なう処理部。交通監視システムと逆走検知システムのどちらにも利用出来る。
[画像のクリックで拡大表示]
ミリ波レーダー式交通監視システムによる処理の様子。各車線ごとに車両の台数や移動速度を検知して占有率などを演算し中央局設備へ出力する。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら