横浜ゴムがプレミアムコンフォートタイヤのADVAN dBを8年ぶりにリニューアルした。実際に様々な方法で走行して従来製品との違い、絶対的な性能を確かめてみた。

左が従来品のV551、右が新製品のV552。ストレートグルーブなど継承している要素もあるが、8年ぶりの刷新でかなりトレッドデザインは進化したことが分かる。
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは高速周回路で、静粛性と高速安定性、微舵域の応答性を確かめてみた。「メルセデス・ベンツEクラス」のディーゼル車「E220d」では、スムーズな走りと十分な静粛性、高速走行での手応えの確かさを確認。ディーゼルでもここまでの静粛性と高速安定性を両立していることに、改めて感心した。

 次いでステアリングを握ったのは「レクサスLS」。そもそも静粛性が高いクルマであるが、dB V552を履かせた印象は、「静かさ極まる」といったもの。とにかく静かだ。けれども手応えの確かさからくる走りの安心感はEクラスの方が上のようだ。

 トヨタ「カムリ」はノーマルより静粛性、ドライグリップが高まっているのは体感できたが、むしろノーマルよりバランスを崩している感もあった。タイヤが静かになった分、ハイブリッドのエンジン音が安っぽく響く領域が気になるのだ。このあたりはディーゼルといえどEクラスと比べてしまうのは酷、というものか。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら