ワイヤレススピーカーを使用する際、必ず必要になるのがスマホなどの音源とのBluetooth接続を確立する手順「ペアリングだ」。普通はマニュアルを見ながら操作するが、Sound Link Mini IIは初期状態で日本語を含む11カ国語の音声ガイドを搭載する。さらに、Bose社のWebサイト経由で別の言語をダウンロードすることも可能だ。

   ペアリング情報は、スマホなどの音源を最大8台まで保存できる。スマホの2台持ちや家族でSound Link Mini IIを共有する時など、ペアリングの手間が省けて便利だ。

 なお、取扱説明書に記載されていないが、Micro USBなどの外部端子を搭載するサブ基板(PCB#4)にマイクが1個ある。Bose社お得意のノイズキャンセリングでは外部の音を打ち消すためにマイクで外部の音を拾う。だが、Sound Link Mini IIの取扱説明書にはノイズキャンセリングに言及する箇所はない。Amazon Echoのような音声コマンド対応でもないのに、果たして何の目的で設置されているのだろうか。日常の会話が収集されているのではないかと不安に思うユーザーもいるだろう。

マイクロホンの位置(左)と拡大(右)
サブ基板(PCB#4)の右下にマイクロホンがある。用途は不明
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら