メイン基板(PCB#1)のサイズは約10cm×約5cm。伊仏合弁STMicroelecronics社のプロセッサー「STM32F030C6」、米Qualcomm社が買収した英CSRの電源管理機能を備えたBluetoothチップ「CSR8670」、プログラムを格納していると思われる台湾Macronix社のNOR型フラッシュメモリー「MX25U3235F」などを搭載する。裏側には5個の操作ボタンがある。

メイン基板(PCB#1)の底面側
こちらの面にほとんどの部品を搭載する。プロセッサーはSTMicroelectroniics社の32ビットマイコン。英ARM社の「Cortex-M0」をコアとする省エネ型
[画像のクリックで拡大表示]
メイン基板(PCB#1)の天頂側
こちらには操作ボタン5個とLEDが並ぶ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら