みずほ証券ではiPhoneの2018年モデル(仮にiPhone 9とする)について、縦横比18対9の超狭額縁フレキシブルOLEDをディスプレーに用いた3機種になると想定していた。4型のiPhone SEクラスの筐体に5.3型ディスプレーを搭載するモデル、2017年に発表するOLED搭載モデル(仮にiPhone 8 Proとする)の後継となる5.85型モデル、それに5.5型のiPhone 7 Plusクラスの筐体に6.5型の大画面を搭載するモデルの3つである。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら