ベル(Alexander Graham Bell)の関心は聴覚障害者の支援にあった。マルコーニ(Guglielmo Marconi)は無線通信の実験に成功した。エジソン(Thomas Alva Edison)は録音機を作るつもりだった。

アレクサンダー・グラハム・ベル氏 (c)Topfoto/amanaimages
[画像のクリックで拡大表示]

 それぞれの技術は、電話、ラジオ、レコードというメディアとして大きな花を咲かせる。技術を開発した人の思いと、イノベーションとしての結果は、このように食い違うことが少なくない。

 今回は時間を遡る。19世紀に「電気」に関する科学と技術が起こる。その最初の応用の一つが電信だった。じきに電話も加わる。やがてラジオ放送が始まる。

 新しい電気通信メディアの出現はイノベーションである。そこでは経済が新しい形で動くようになった。その電気通信メディアの形成に、技術が大きな役割を果たしたことは言うまでもない。しかし技術がメディアを創ったとは言えない。

 例えば「コマーシャル放送」の創造は大きなイノベーションだが、技術がコマーシャル放送を実現したわけではない。技術が目指したものと、社会のなかに定着したメディアの形態は、しばしば食い違った。技術とイノベーションの関係を考えるうえで、電気通信メディアの形成過程は、私たちにたくさんの教訓を与えてくれる。

 本連載の第2回で、イノベーションには「差異」の創造と、その市場への「媒介」が不可欠と強調した。以下ではこの二つ、すなわち「差異」と「媒介」に常に注意しながら、メディアが出来ていく過程を追う。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら