WSTS(World Semiconductor Trade Statistics:世界半導体市場統計)は2017年11月末、2017年以降の半導体市場予測を発表した。2017年の半導体市場については、前年比20.6%増という大幅な成長を見込む。これに対し2018年は、前年比7.0%の成長にとどまる見通しという。

 成長に急なブレーキがかかるとの予測だが、その内容を読み解いてみると、WSTS予測会議に参加している半導体メーカー各社の思惑も見え隠れする。以下ではそれを具体的に解説することで、WSTSの統計の読み取り方に対する筆者なりの視点を提案してみたい。

 今回発表された数字は、2017年11月14~16日に台北市で開催されたWSTS秋季半導体予測会議に基づく。WSTSでは、加盟している半導体メーカー43社が年2回(5月と11月)、予測会議を開催し、地域別と製品別の市場予測を行っている。

表1●地域別の予測(出所:WSTS)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは表1に、地域別の予測を示した。2017年の予測を見ると、米州(America)の伸びが際立って高いことが分かる。これはサーバーやデータセンター向けの半導体需要が旺盛だったことが要因である。市場の絶対規模では、パソコンやスマートフォン、AV機器などの生産拠点が集中するアジア太平洋(Asia Pacific)が全体の過半を占めるものの、前年比成長率では米州を下回る。このことから読み取れるのは、中国やASEAN諸国で量産される電子機器よりも、クラウドインフラ側で半導体需要が大きく伸びていることだ。

 2018年の予測を見ると、市場全体として伸び率は鈍化するものの、米州の伸びが引き続き最も高くなっている。すなわち、2018年も半導体需要のけん引役はサーバーやデータセンター向け需要との見方である。

表2●個別半導体の製品別予測(出所:WSTS)
[画像のクリックで拡大表示]

 次に個別半導体の製品別の予測、具体的にはディスクリート、光半導体、センサーに関する予測を表2に示した。ディスクリートとセンサーは2017年に2ケタ%の前年比成長を予測しており、対して2018年は伸びがやや鈍化するという。一方、光半導体については2018年に伸びが加速すると予測している。CMOSイメージセンサーの用途が車載などへ広がることを見込んでのことだろう。IoT(Internet of Things)の市場が広がりつつある中、センサーの伸びを前年比1ケタ%にとどめている点はやや違和感を感じるものの、単価下落を厳しく見ているのかもしれない。

表3●集積回路(IC)の製品別予測(出所:WSTS)
[画像のクリックで拡大表示]

 集積回路(IC)の製品別、すなわちアナログ、マイクロ、ロジック、メモリーに関する予測を示したのが表3である。全体として2018年は前年比伸び率が鈍化するとの見通しだが、注目すべきはメモリー市場に関する予測だ。2017年は、NANDフラッシュメモリーとDRAMの需要急増で前年比60.1%増という驚異的な成長が見込まれている。これに対し、2018年は一転して9.3%増にとどまるとの予測である。筆者が冒頭で、半導体メーカー各社の思惑が見え隠れするといったのは、まさにこの予測に関してだ。以下ではこの点について詳しく述べたい。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら