今回もパワーデバイス・イネーブリング協会(PDEA)が主催する「半導体テスト技術者検定2級」の「応用と品質」分野の問題を紹介する。(本コラムの詳細はこちら、PDEAについてはこちら、半導体テスト技術者検定の教科書についてはこちら、検定の問題集についてはこちら)。

 今回紹介するのは、車載分野向けの機能安全規格の話である。従来は半導体の設計や製造エンジニアと直接の関わりは薄かったが、最近は車載向け半導体に関わるエンジニアには必須のアイテムとなっている。また、車載以外のアプリケーションに対しても、さまざまな安全システムの部品としての半導体を開発・製造する立場から、汎用的な機能安全規格を知っておく必要がある。

 今回の問題の難易度は★★(本コラムでは紹介する問題の難易度を★の数(難易度に応じて1~5個)で表しており、★の数が多いほど難しい)。既に機能安全規格について何らかの知識のある人には優しいが、初めての人には難しいかも知れない。文章の流れの中で正解を得ることも可能だが、これを機に基本を知ってほしい。

ここからは会員の登録が必要です。