もう2017年も終わり。職場だけに限らず、様々なつながりから忘年会や新年会が続き、人と人とのネットワークを意識する機会が増える時期ではないでしょうか。今回は、人とのつながり作りを大切にする、リンカーズ西日本統括部長の北中萌恵氏に、仕事に関するネットワーク作りについて聞きました。

リンカーズ 西日本統括部長 北中萌恵氏(以下写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、私は技術パートナー探索サービスを提供するベンチャー企業、リンカーズで西日本担当営業として飛び回る毎日ですが、前職は老舗耐火物メーカーの技術研究職でした。このメーカー勤務は約3年、リンカーズでももうすぐ3年が経とうとしています。両者を比較してみると、私にとっては全く異なる3年だったように思います。

 メーカー時代の私が日々接する人と言えば、社内の人と客先の鉄工所の技術者の方々、同じ業界内での材料関連の部署の方々ぐらい。技術研究職はそれが当たり前だと思いつつ、プライベートで異業種の友人に会って仕事の話を聞く度に、私の知らない世界があることを知り、情報をキャッチアップできていない自分に焦りを募らせていました。

 一方、リンカーズはメーカーの技術系や企画系の方々をターゲット顧客としているため、日々その方々とどうやって接点を持つのか考え、営業活動を行っています。こうした活動の中で分かったのは、“自分はメーカーの技術研究職だから出会う人が少なかったのではなく、私自身が「当たり前」と決めつけていたから”だったということです。確かに営業系と比較すると、交流会やイベントに参加される技術系の方々は多くはありませんが、それでも精力的に活動される方は一定数いらっしゃいます(ですから、私たちのサービスを知っていただき、ご購入いただいているわけです)。

 今になって振り返ると、メーカー時代の私は自分の置かれている環境をしっかりと見極め、何ができるかということを主体的に考えていなかったと、しみじみ感じます。メーカーでの技術研究職時代とリンカーズでの営業職時代、同じ仕事をすることはできませんが、ネットワーク構築という点に絞れば、メーカー時代にもっとやれることがあったのではないかと思います。

 気付きを与えてくれる存在として、やはり仕事仲間は大切であり、中でも置かれた状況の違う人たちの意見は本当に参考になります。例え、会社に籠って研究開発を進めるのが仕事という技術職であっても、様々な人と交流をすることで、自分の見聞は間違いなく広がりますし、巡り巡ってその「ご縁」が自分を助けてくれることもあるでしょう。私自身は皆さんとの交流を通じて、自分の悩み事に対し解決策が突然ひらめく、といったことが何度もありました。

 また、新しい視点を得るという点でも重要です。私は前職からの転職活動中に“将来自分で会社を経営したいな”と思ったのですが、それはごく漠然としたものでした。それが、自分がベンチャー企業に身を置いたことに加え、実際に事業を起こした方や大手企業のマネジメント層の方、中小企業の経営者など、様々な立場の方々とお話をするようになり、自分の目線がどんどん変わっていくのを肌で感じました。自分の目の前にある仕事に向き合うときにも、“自分が経営者になったら、今の経験はどう活かすことができるか”という視点で、物事を見られるようになりました。ゴールへの最短ルートを見つけるには、実際にやった人に話を聞く――これに尽きると、今は実感しています。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!