日経コミュニケーション2016年8月号pp.54-61の5Gのすべて「実用化に向けた総合実証試験、2017年度実施へ検討体制を整備」を分割転載した前編です。

日本の5G(第5世代移動通信システム)を推進する5GMF(第5世代モバイル推進フォーラム)のキーパーソンが、日本を含めた世界の動向を、研究開発や標準化、ユースケース、アプリケーションといった様々な観点から解説する「5Gのすべて」。今回は、2020年の商用化に向けた重要なステップとなる「総合実証試験」について解説する。

 5G(第5世代移動通信システム)の実現に向けて、従来の4GシステムであるLTE-Advancedからの大幅な性能向上を目指し、無線通信技術やネットワーク技術の研究開発が進んでいる。5Gを想定した新たなアプリケーションやサービスに関する検討も盛んだ。

 5GMF(第5世代モバイル推進フォーラム)では、企画委員会、技術委員会、ネットワーク委員会、アプリケーション委員会の4委員会が5Gの実現に向けて詳細に議論し、5Gの姿をまとめた5GMF白書を作成・公開している。

 このうち企画委員会は5Gシステムの実用化を目指し、無線通信やネットワーク、アプリケーション、そして端末を連携させた5Gシステム総合実証試験(以下、総合実証試験)を2017年度から実施することを発案した。その具体的な進め方を検討するためのタスクフォースや推進グループなどを設置し、総合実証試験に向けた検討体制を整えてきた。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら