[画像のクリックで拡大表示]
國井 良昌=國井技術士設計事務所 所長
 次のような質問が私の事務所に寄せられました。

【質問18】
 私は商業高校を卒業し、消費者金融のキーオペレーターとして勤務していました。しかし、リストラ対象となり、現在は設計派遣会社に転職しています。前職で培ったキーイン能力を生かし、3次元CADのオペレーター、つまり、設計者が3次元CADで設計したモデリングを図面に落とすトレーサーを担当しています。今後、設計職を望んでいますが、機械設計とは、とてつもなく難しい職業でしょうか? また、どのようなステップを踏んでいけばよいでしょうか?

 この質問に対する私の回答はこうです。

【回答18】
 料理の学問と言えば、大きなくくりでは化学であり、次に食品化学や調理学です。そして、最終的には色彩工学も必要となるでしょう。しかし、料理とは学問の前に辛い修行があり、実務が優先されます。実務優先ということは、努力や才能が優先され、学歴は問われないということです。実は、機械設計も学者になりたい人は別ですが、「設計職人」になりたい場合は、前述の料理人と全く同じです。しかも、料理よりも簡単です。なぜなら、機械設計には辛い「修行」がないからです。

 少々誤解を生むかもしれない回答から入りました。今回は設計職人の「修行」について解説したいと思います。

 寿司屋や大工の世界では、親方が弟子に基本を教え込むために「修行」という名の辛くて長い時間を経験させます。例えば、寿司職人といえば、「飯炊き3年握り8年」という言葉があるように、修行は10年以上かかり、本物の接客を身に付けることまで含めれば20年以上とも言われています。

 ところが、機械設計者の場合、そうした辛い修行はありません。その証拠に、新人から「いきなり製図」です。なんて簡単で単純な職業なのでしょうか。でも、機械設計とは本当に簡単で単純な職業なのでしょうか?

なぜ、機械設計が料理よりやさしいのか

 まず、「なぜ、機械設計が料理よりやさしいのか」を考えてみましょう。図1は、当事務所のクライアント企業内で議論した「料理人と設計者の相違」です。

[画像のクリックで拡大表示]
図1●ある企業で議論した料理人と設計者の相違

 部分的には私も異論がありますが、料理人よりも楽に見えるのは確かなようです。

 いくら「機械設計が料理よりもやさしい」といっても、図1には、「前の図面を写しとるだけ」や「死亡事故や手足切断でも社長が謝るだけ」、「社告・リコールを隠す企業が存在」など、誤解を招く表現があります。もちろん、あってはならないことで、私もこのクライアントには疑問を感じます。しかし、この企業の実態を物語っているのかもしれません。

 さて、本題に戻りましょう。「商業高校卒→消費者金融に勤務→設計派遣企業に転職→トレーサー→機械設計」。正直言って、このステップでは無理です。確かに機械設計は料理よりやさしいのですが、単純に「やさしい」や「簡単」というわけではありません。