1. はじめに

 「東工大元素戦略拠点シンポジウム」が、2017年11月14日に東京都千代田区のイイノホール&カンファレンスセンターで開催された。マテリアル・インフォマティクスによる新物質設計と合成・物性の実証、新奇な半導体、誘導体、超電導体の探索・解析・応用、先端解析技術を駆使した構造、物性評価(酸化物中の水素の解析)など約20件の講演があった。

 今回のシンポジウムの目的は、5周年の節目を迎えた文部科学省の「元素戦略プロジェクト(研究拠点形成型)」における研究成果を、広く産業界に公開し、連携の機会を模索すること。成果概要集には150件近くの成果が掲載されていた。

 本稿では、筆者が興味を持った講演の中から、これまで本コラムで取り上げていないテーマについて紹介する。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら