米アップルは2017年内に、1000ドルにも届くと言われる上位モデルの「iPhone 8」を発売するとの噂が広まっている。ディスプレーに有機ELを採用し、「iPhone 7 Plus」と同じようなサイズのきょう体にさらに大型のディスプレーを搭載するというモデルだ。

 縁を極力なくして画面サイズを拡大するスマートフォンは、韓国サムスン電子の「Galaxy S8」の新しいフォームファクター(形状)と重なる。

 実際、アップルが有機ELディスプレーを採用する場合、有機ELディスプレーの最有力メーカーであるサムスンからパーツを調達する可能性が高い。結果的に、Galaxy S8と次期iPhone 8(ここでは仮にそう呼ぶことにする)はとても似たデバイスになると予測できる。

 アップルが側面までディスプレーで覆うようなデザインを採用するとなると、「Galaxy S8の二番煎じ」と言われかねない。もし新しさを追求するのならば、Galaxy S8で残った上下のベゼルをディスプレーで埋めることになるだろうか。

 ただ、サムスンが自社端末でやっていない完全なベゼルレスデザインを、アップルが先取りすることを許すかどうか。筆者の見方では、サムスンが提供する部材を使って、他社製品が技術的なチャレンジで先行するのは、サムスンにとって悪い話ではないように思う。

 アップルはサムスンの重要な顧客である。iPhoneが売れることは、サムスンのディスプレーやメモリーのビジネスにとってプラスに働く。アップルの製品で、ディスプレー形状のトレンドをテストできることにもなる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!