米アップルは2017年3月21日(現地時間)、イベントを開かずに新製品を発表した。いわゆる「サイレントアップデート」と呼ばれるパターンで、Webサイトの製品ページが閉鎖され、発売時刻になると新製品の情報が公開され、製品によっては購入や予約が可能になるスタイルだ。報道各社向けにはプレスリリースが配信された。

写真1●新たに投入された第5世代「iPad」
(出所:米アップル)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回登場した新製品は、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」の赤い新色「(PRODUCT)RED Special Edition」、「iPhone SE」のメモリー容量倍増、「Apple Watch」やiPhone、「iPad」向けアクセサリーの2017年春の新色コレクション、新しいビデオ編集アプリ「Clips」(4月配信)、そして「Swift Playgrounds」に日本語版を含む5カ国語の追加、というものだ。

 そして本稿の主題であるiPadシリーズのラインアップの刷新だ。刷新というより、整理と言った方が適当かもしれない。

進化点が少ない新型「iPad」

 まず、完全な新製品として登場したのは9.7インチ「iPad」だ(写真1)。英語版のWebサイトでは、単に「iPad」と表記されており、アップルのサポート時の製品名は「iPad(5th generation)」、すなわち第5世代iPadとされている。

 これまで、9.7インチモデルのiPadには、「iPad Air 2」と「iPad Pro」が存在していた。今回、「iPad Air 2」が廃止され、その代わりに新モデルが投入されたことになる。

 ただし、進化した点は搭載するプロセッサーが「A9」に格上げされたことだけで、その他はむしろ「iPad Air」に戻ったような仕様だ。特に、6.1ミリメートルだった厚みは7.5ミリメートルに増し、重さも437グラムから469グラムとなって30グラム以上増えた。

ここからは会員の登録が必要です。