年末年始の特別企画として、日経ビジネスオンラインの人気連載陣や記者に、それぞれの専門分野について2018年を予測してもらいました。はたして2018年はどんな年になるのでしょうか?

(「2018年を読む」記事一覧はこちらから)

 2014年5月に始まったこの連載が、おかげさまで今回で98回目を迎えることができた。じつは間で1回「号外」を挟んでいるので、実質的には99回目である。ことし最後のコラムを99回目で終えて、来年から100回目で始められるというのは、偶然だけれど気持ちがいい。ここまで続けられたのも皆様のご愛読のおかげであり、改めて深謝申し上げたい。

*本記事は、「日経ビジネスオンライン」に、連載している「クルマのうんテク」を再掲載したものです。

 さて、年内最後のコラムは来年の予測をせよというのが編集部の依頼である。水晶玉を持っているわけでもない筆者には荷の重い注文だが、1つ確実なことは2018年が「エンジン革新の年」になるということだ。最近の自動車技術のトレンドは「自動化」「電動化」「コネクテッド化」の3つと言われている。もちろんこれらの分野でも動きは活発だが、何と言っても来年は、自動車用エンジンで長年「夢の技術」と言われていた2つの技術が実用化するのだから、やはりそこから取り上げるべきだろう。

「SKYACTIV X」搭載の新型「アクセラ」が登場

マツダが2018年に次期「アクセラ」に積んで商品化すると見られる「SKYACTIV-X」エンジン

 まず注目されるのが、このコラムでもすでに以前の記事「2019年に始まるマツダの次世代『SKYACTIV』」「ベールを脱いだマツダの次世代『SKYACTIV』」で取り上げたマツダの「SKYACTIV-X」エンジンの実用化である。マツダが公式に発表しているわけではないが、2018年秋に全面改良すると予想されている次世代「アクセラ」に搭載されて実用化するとの観測がもっぱらだ。SKYACTIV-Xにエンジンは、これまでどの完成車メーカーも実用化できなかった「HCCI (Homogeneous-Charge Compression Ignition:予混合圧縮着火)」エンジンの商品化にこぎつけたということで、やはり画期的なエンジンだと思う。

 すでに2回も紹介しているので詳細は割愛するが、SKYACTIV-Xは、通常のガソリンエンジンのように、ガソリンと空気が混ざった「混合気」に点火プラグで火をつけるのではなく、ピストンが上昇して混合気を圧縮し、圧縮に伴う温度上昇によって混合気に火をつける「圧縮着火エンジン」であるのが最大の特徴だ。ディーゼルエンジンでは一般的な着火方式だが、ガソリンエンジンで同じことをやろうとすると、着火のコントロールが非常に難しく、これまで実用化した例はなかった。

 マツダによれば、ガソリンエンジンの場合、圧縮着火で適切なタイミングで着火しようとすると、燃焼室内の温度を数度単位で制御しなければならないという。これは事実上不可能で、そのことがHCCIエンジンの実用化を阻んできた。そこでマツダは、厳密な意味での圧縮着火を諦め、点火プラグによって点火のきっかけを作るという新たな発想の圧縮着火エンジン「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」を開発した。これがSKYACTIV-Xだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!