これまでの10回にわたる連載で、各国におけるモビリティーサービスと自動運転の普及に向けた前提条件や、そのドライバーを多面的に考察してきた。今回はその結果から、2030年ごろを見据えた各国のモビリティーサービスと自動運転の普及シナリオ、自動車需要に与えるインパクトを考えてみたい。

 各国の普及シナリオについては第2回で考察した地域性や、第8回で考察したユーザーセグメントごとに、そのニーズが異なると考えられる。そのため今回は「地域×ユーザーセグメント」ごとに、どのようなモビリティーサービスが普及するのか、自動運転にどのようなニーズがあるのか、さらに、これらの実現可能性について考察する。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!