今回の連載では第8回までの数回にわたり、モビリティーサービス事業者の現状とエンドユーザーの受容性について考察してきた。今回は民間事業者の動きや個人のニーズを踏まえて、世界各国の政府や自治体が、自動運転や次世代モビリティーサービスの導入に対してどのような姿勢を取っているのかを見ていく。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!