2030年の普及を目指す“高度IoT(Internet of Things)社会”に向けて、データの収集・蓄積・解析の技術を横断的に開発する日本の大型プロジェクトが、産官学の連携によって進んでいる。NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が、5年間で100数十億円規模に上る見込みの予算で大学や企業に委託している「IoT推進のための横断技術開発プロジェクト」である。

ここからは会員の登録が必要です。