閉じる

中国産業ウオッチング

日経テクノロジーオンライン

目次

  • タカタ支援のKSS、親会社の中国均勝電子はどんな会社?

    欠陥エアバッグの問題で経営が悪化したタカタは2017年6月26日に東京地裁に民事再生法の適用を申請した。これからは中国の寧波市にある均勝電子(Joyson Electronic Corp)傘下の米自動車部品大手、キー・セイフティー・システムズ(KSS:Key Safety Systems)がスポンサ…日経テクノロジーオンライン

  • 中国政府、コネクテッドカーの標準要求仕様案を公表

    国家戦略として取り組む姿勢を明確に

     中国政府の工業と情報産業部(中国語:工業和情報産業部)は2017年6月13日に、「国家車聯網産業標準体系建設指南(智能網聯汽車)」のパブリックコメント向け草案を公表した。中国政府が定義するコネクテットカーの標準要求仕様案である。この事実は中国政府がコネクテッドカーを国家戦略として位置付けたことを意…日経テクノロジーオンライン

  • 中国「NEV法」で政府譲歩せず、当初内容のまま実施の可能性高まる

    2回目の公表草案でも要求クレジットの比率や実施時期は不変

    中国のNEV法(ニュー・エネルギー・ヴィークル規制法)が当初公表の内容と時期で実施される可能性が高まってきた。中国政府の「工業と信息化部」が2017年6月13日、2回目のパブリックコメント(意見公募)向けに公表した草案は、自動車業界が譲歩を期待した点でほとんど進展がなかった。日経テクノロジーオンライン

  • 中国政府、「自由貿易試験区」で更に緩和、27禁止項目を撤廃

    中国政府は、上海市や天津市など全国11カ所にある「自由貿易試験区」内への投資制限をさらに緩和した。中国国務院が2017年6月16日に公表した「自由貿易試験区外商投資準入特別管理措施(負面清単)(2017年版)」(マイナスリスト=投資禁止リスト)で明らかになった。日経テクノロジーオンライン

  • 中国、EVや燃料電池車に対して外資系規制を撤廃

    2017年6月13日に中国の国家改革委員会と工業と信息化部が共同で公布した「自動車投資管理に関する改正意見」では、上記の制限はエンジン車やハイブリッド車、プラグインハイブリッド車に限定して、電気自動車(EV)と燃料電池車には適用しないと取り決め、即日実施と発表した。これによって、すでに中国ですでに2…日経テクノロジーオンライン

  • AIとコネクテッドカーの産官学一体組織、中国政府が直接推進

    CAICVー中国智能網聨汽車産業創新聯盟が6月12日に発足

    中国で、人工知能(AI)とコネクテッドカーに関する産官学一体組織が設立された。2017年6月12日に北京で「中国智能網聨汽車産業創新聯盟」(CAICV: China Industry Innovation Alliance for the Intelligent and Connected Vehi…日経テクノロジーオンライン

  • 中国自動車市場、日系4社は5月販売台数が揃って増加

    トヨタ、ホンダ、日産、マツダの日系自動車大手4社の中国での販売は、引き続き好調だった。5月単独も、1~5月の合計も対前年同期比で増加した。5月に販売台数が最も多かったのはホンダで、11万5584台(対前年同月比で16.2%増)である。日経テクノロジーオンライン

  • 中国、実に今年5回目の「新エネルギー車」公表

    中国・工業情報化部は新エネルギー車と駆動電池の認定製品として、2017年6月2日に計92社の309製品を公表した。今年に入って実に5回目の発表で、今回を合わせた5回で計155社の1782製品を認定している。日経テクノロジーオンライン

  • 独VWと中国江淮汽車、EV合弁企業の調印式

    独フォルクスワーゲン(VW)社と中国江淮汽車が2017年6月1日にドイツのベルリンで電気自動車(EV)合弁企業の契約書にサインした。ドイツのアンゲラ・メルケル首相と中国の李克強総理がサイン式に立ち会い、両国政府がこの合弁事業を後押しする姿勢を世界にアピールした。日経テクノロジーオンライン

  • 独コンチネンタルと中国百度、自動運転で戦略的協業

    ドイツの自動車部品サプライヤーのコンチネンタル(Continental AG )社と中国のIT会社の百度が2017年5月31日にベルリンで「自動運転、車載ネットワーク、高度道路交通システム(ITS)分野での戦略的協業」に合意した。日経テクノロジーオンライン

  • 中国、2017年の自動車動力バッテリーの生産能力は230.1GWhと過剰

     中国の自動車動力バッテリーの生産能力は過剰だ。各メーカーが公表したバッテリー生産能力の計画値を合計すると、2017年年末には230.1GWhにも達する。これは、中国国泰君安証券のアナリスト徐雲飛氏が中国バッテリー企業上位50社をリサーチした結果。この合計値は中国政府が定めた2020年の目標値である…日経テクノロジーオンライン

  • 中国、EV用二次電池などの外資規制をまもなく撤廃

    中国はカーエレクトロニクス、新エネルギー車用二次電池、オートバイに関する外資系への規制を緩和すると決めた。2017年5月25日に中国商務部が開いた記者会見で、「カーエレクトロニクス、自動車用駆動電池、オートバイなどに関する外資系企業の出資規制や禁止要項を撤廃する」と明らかにした。日経テクノロジーオンライン

  • 中国の自動車メーカー、世界に向けて発進

    現地工場やノックダウン生産、輸入販売を推進

    中国の自動車メーカーによる世界進出が本格化している。南アフリカやエクアドル、ロシアなどで製造工場やノックダウン生産、輸入販売の拠点づくりが進行している。日経テクノロジーオンライン

  • 中国、合弁最大2社規制を突如緩和、独VWに3社目を許可

    江淮汽車とEV車合弁、新エネルギー車向け特例か?

     中国の江淮汽車は、2017年5月22日に「中国国家発展と改革委員会が独フォルクスワーゲン(VW)社との電気自動車(EV)合弁企業を許可した」と発表した。VWの中国での合弁会社は「一汽大衆」と「上汽大衆」に続く3社目となり、中国が「合弁最大2社」の規制を事実上緩和したことを意味する日経テクノロジーオンライン

  • 百度、7月5日に自動運転オープンソース化をスタート

    7月5日に北京でApollo計画の発表会を開催する

    「2017年7月5日に自動運転技術のオープンソース化のApolloプログラムをスタートする」と、百度副総裁の烏?学斌(?はおおざとへん、Wu XueBin)氏が「中国自動車フォーラム」での講演で公表した。百度がApolloプログラムを初めて披露したのは、4月19日の上海モーターショーの会場だった。日経テクノロジーオンライン

  • 「年5000万台生産見えた」、中国自動車フォーラムで幹部

    「中国の自動車生産はさらに倍増する余地がある。年間5000万台生産は達成できるだろう」。2017年5月15日、中国・上海市で開催された「中国自動車フォーラム(2017 China Auto Forum)」の基調講演で、中国自動車工業協会の常務副会長の董揚氏はこう述べた。日経テクノロジーオンライン

  • 中国が自動車産業の中長期計画、自動車大国から「強国」へ

    計画では、中国自動車市場の規模を「2020年に3000万台、2025年に3500万台に上る」と見て「自動車大国」と位置づけている。しかし、コア技術やブランド力などの面ではまだまだ弱いと認識して、これから10年間を掛けてコア技術、部品供給、ブランド、新業態、自動車輸出、環境など面で中国を「自動車強国」…日経テクノロジーオンライン

  • 中国人の記者が驚いた中国の変化、日本企業は実力の再認識を

    総じて、中国は急激に変化し、進歩しています。数年前とはまったく状況が違う。日本は依然高い水準にありますが、進歩は止まっている感覚があります。日本企業は、そろそろ中国の現在の実力を再認識して、新たなビジネスチャンスを模索する必要があると思います。日経テクノロジーオンライン

  • 中国、水素エネルギーや燃料電池を戦略的に開発

     中国が水素エネルギーや燃料電池の研究開発を戦略的に推進していくことが明らかになった。2017年4月7日に中国の国家発展と改革委員会と国家エネルギー局が連名で「エネルギー技術革命のイノベーション行動計画(2016-2030年)」および付録「エネルギー技術革命の重要イノベーション行動路線図」を公表した…日経テクノロジーオンライン

  • 中国、ガソリン車やディーゼル車の生産投資を抑制へ

    中国は、ガソリン車やディーゼル車の生産を今後、抑制する方向に転換した。伝統的な燃料を使う自動車の生産への新規投資の許可は禁ずるとともに、既存の自動車メーカーによる伝統的な燃料の自動車の生産量拡大も厳格に規制する日経テクノロジーオンライン

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

エレキ

製造

エネルギー

もっと見る