真空チューブ列車を「飛行列車」といい、最高時速が4000km/hと目標としているという。原理としては、密封するトンネルの中で真空環境を作り出し、高い温度下で動く超電導磁気浮上式の車両で。空気摩擦と車輪摩擦の少ない状態で「飛行」するだそうです。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら