まもなく公布されると見られる中国NEV法(ニュー・エネルギー・ヴィークル規制法)。実施は2018年からとなる見通しだ。この法規制をクリアするために、世界の自動車企業が動き出した。まず、2017年5月に独フォルクスワーゲン(VW)社が中国安徽省の「江淮汽車」と、続いて同年7月に独ダイムラー社が中国の「北京汽車」と、さらに同年8月に米フォード社が中国安徽省の「衆泰汽車」と、仏ルノー・日産自動車連合が中国湖北省の「東風汽車」と電気自動車(EV)の専門合弁企業を続々と設立した(関連記事1関連記事2関連記事3)。また、中国企業傘下になったスウェーデンのボルボ・カーは、2019年以降に発売するすべての車をEVやハイブリッド車などの電動車にすると発表した。

意見公募完了した中国NEV法。まもなく公布すると見られる。
[画像のクリックで拡大表示]

 中国NEV法の大きな特徴は、乗用車企業に対する燃費規制(CAFC:Corporate Average Fuel Consumption)とEV、燃料電池車、プラグインハイブリッドカー(PHEV:Plug-in Hybrid Electric Vehicle)といった新エネルギー車(NEV:New Energy Vehicle)への販売台数を同時に義務付けるダブル・クレジット制度を導入している点にある※1。しかも要求をクリアできなかった場合の罰則を設けており、高い燃費の車から販売許可を順次没収されて販売できなくなる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら