スズキは2017年12月25日、クロスオーバータイプの新型小型車「クロスビー」を発売した。「ワゴンに求められる広い車内空間や使い勝手の良さと、SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の走行性能を融合させた新しいタイプの車両」(同社)という。

新型「クロスビー」とスズキ社長の鈴木俊宏氏
[画像のクリックで拡大表示]

 予防安全性能を強化したのが特徴である。自動ブレーキによる衝突回避機能に加えて、同社の小型車として初めて(1)超音波センサーを使った後退時の自動ブレーキ、(2)四つのカメラ画像を合成して車両の周囲を立体的に表示する「3Dビュー」を搭載した。

 パワートレーンでは同社の小型車として初めて、排気量1.0Lの直噴ターボガソリンエンジンにマイルド・ハイブリッド・システムを組み合わせた。変速機は6速AT(自動変速機)を採用した。

 新型車の価格(消費税込み)は176万5800~214万5960円。月間2000台の販売を目指す。トヨタ自動車の「ルーミー/タンク」や日産自動車の「マーチ」などが競合車となる。スズキの小型車では「イグニスと競合する」と、同社社長の鈴木俊宏氏は言う。