全面改良した、新型「スペーシア」。予防安全機能を強化した。
[画像のクリックで拡大表示]

 スズキは2017年12月14日、ハイトワゴンの軽自動車「スペーシア」を全面改良して発売した。予防安全性能を高めたのが特徴。

 従来の自動ブレーキによる衝突回避機能に加えて、軽自動車初となる三つの機能を採用した。これらは、後退時の自動ブレーキ、フロントウインドー投影式のHUD(ヘッド・アップ・ディスプレー)、四つのカメラ画像を合成して車両周囲を立体的に表示する機能である。

 パワートレーンでは、マイルド・ハイブリッド・システムを全車に標準搭載した。月間販売目標は、スポーティーなデザインの「同カスタム」を含めて1万2000台。価格は133万3800円から。