スズキが2017年12月14日に発売した軽自動車の新型「スペーシア」は、自動ブレーキ用センサーをステレオカメラから単眼カメラとレーザーレーダーの一体型ユニットに変更した(図1)。

図1 新型「スペーシア」とスズキ社長の鈴木俊宏氏
[画像のクリックで拡大表示]

 先代車のステレオカメラは、日立オートモティブシステムズ製だった。これに対して新型車では、ドイツContinental社製の単眼カメラとレーザーレーダーの一体型ユニットを採用した。センサーを変更した理由を同社は、「ステレオカメラより小型でコストが安いため」とする。

 先代車に搭載していたステレオカメラの基線長(二つのカメラ間隔)は160mm。SUBARU(スバル)が「アイサイト」で使うステレオカメラのカメラ間隔(350mm)に比べると半分以下に小型化しているが、軽自動車のフロントウインドー上部に取り付けると圧迫感があり、車両前方の視認性に悪影響を及ぼす恐れがあった。

 新型車に搭載した単眼カメラとレーザーレーダーの一体型ユニットは、先代車のステレオカメラより小さい。フロントウインドー上部に取り付けるとルームミラーの裏に隠れるため、「視認性を高められた」(同社)という。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら