三菱自動車が2018年3月に日本で発売する小型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)の新型「エクリプスクロス」は、先進運転支援システム(ADAS)のセンサーとして、従来の単眼カメラとレーザーレーダーの一体型ユニットに加えて、77GHz帯のミリ波レーダーを追加した。

図1 「エクリプスクロス」の日本仕様車
[画像のクリックで拡大表示]

 ミリ波レーダーの追加によって、先行車に対する緊急自動ブレーキの作動速度を従来の80km/h以下から180km/h以下に高め、予防安全性能を強化した。欧米の高速道路での高速走行にも対応できる。

 同社の主力SUV「アウトランダーPHEV」などに搭載する予防安全システム「e-Assist」は、単眼カメラとレーザーレーダーを一体にしたセンサーユニットを使う。トヨタ自動車の「Toyota Safety Sense C」と同じサプライヤーであるドイツContinental社の製品だ(図2)。

図2 Continental社製のセンサーユニット
[画像のクリックで拡大表示]

 これに対してエクリプスクロスのADAS「Active Smart Safety」は、Continental社製の単眼カメラとレーザーレーダーの一体型ユニットをフロントウインドー上部の室内側に搭載しつつ、フロントバンパーの内部にミリ波レーダー追加した(図3)。追加したミリ波レーダーは、一体型センサーユニットと同じContinental社製とみられる。

図3 フロントバンパー内部にミリ波レーダーを追加
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら