購読キャンペーン いま、定期購読をお申し込みいただくと、3大特典をプレゼント!

定期購読のお申込みはこちら

「日経Automotive」は未来のクルマをリードします。

「日経Automotive」は、自動車技術者のための月刊誌です。技術情報を核にしながら、ITやカーエレクトロニクスとの融合、さらにはマーケティングや市場情報をお伝えして、自動車産業に携わる方の迅速な意志決定を支援します。

未来のクルマをリードする「日経Automotive」は、次の三つの分野に注力します。

テクノロジー評価

大反響を呼んだ「ぶつからないクルマ実車試験」や「分解レポート」といった、独自に分析・調査したオリジナル情報を充実させます。(実車評価・分解評価・燃費/電費評価 etc.)

「分解レポート」を毎号掲載するとともに、他誌では読めない特集をお届けします。

イノベーションのウオッチ

Google社やTesla社の動向をはじめとしたシリコンバレーの最先端情報、人工知能(AI)やIT、ビッグデータ、自動運転といったイノベーションを常にウオッチし、将来像を展望します。(電動化・自動運転・ビッグデータ連携 etc.)

「技術レポート」「解説」で、ITやエネルギー、カーエレクトロニクスなど最先端の動きを速報します。

グローバル視点

低価格・小型車の需要拡大とともに環境・安全の課題が高まる新興国、より効率的なクルマ利用が求められる先進国を含めたグローバル市場の将来動向を予測します。(シェアリングエコノミー・低価格車・小型電動車 etc.)

米国、欧州、中国、インド…注目の海外イベントを現地取材で詳細にレポート!

2月号の読みどころ

 「2040年のクルマはどうなっているのだろうか」――。自動運転に、電気自動車(EV)をはじめとした電動化、異業種との連携など、自動車業界の競争軸が目まぐるしく進化しています。

 日経Automotiveは、平素からの技術取材で得た知見を積み重ねて今回、2040年までの技術分野ごとのロードマップを策定しました。各分野ごとの進化のニュースは巷に溢れていますが、ではクルマ全体でどうなるかを展望できる資料は限られます。

 エンジンの最大熱効率は現在41%(トヨタのTNGAエンジン)程度ですが60%を超える時代になったときに、変速機やボディー、電動化、自動運転はどのような形で組み合わせられているのか、を知ることで、次代への取り組みに生かしてもらえれば幸いです。

 日経Automotiveの2018年2月号では、3年ぶりに誌面刷新し、新たに連載講座3本をスタートしました。「自動車技術者のためのAI入門」「電動化の真実」「パワートレーンメカニズム」です。

 自動車業界は、2018年も自動運転、電動化、異業種連携が大きなテーマになります。今後も、読者のみなさまには、将来を展望しつつ、着実に成果を出していくための情報提供を進めていきます。よろしくお願い致します。

今、お申し込みいただくと、こちらの最新号からお読みいただけます

「日経Automotive」2月号

2018年2月号(1月11日発売)

日経Automotive

他にも数多くの自動車技術情報が満載!

2018年2月号の内容はこちら

特集 Cover Story

2040年のクルマ 徹底予測
  • Part1 パワートレーン
    EV化にワナ、エンジン効率60%超
  • Part2 ボディー
    鉄が減り、熱可塑性CFRP台頭
  • Part3 安全/サービス
    AIと自動運転車が街を見守る
  • Part4 車内空間/HMI
    車内は快適な「部屋」になる

イベントウオッチ Event Watch

  • LAモーターショー2017
    SUVが環境対応車を圧倒

技術・市場レポート Automotive Report

  • VWは自動運転で“全方位”
    レベル3は「ゴルフ」クラスにも
  • スズキの自動ブレーキセンサー
    レーザーと単眼カメラに絞る
  • マツダが2.2Lディーゼルを改良、
    デンソーの最新ピエゾ噴射を採用 ほか

新車レポート New Car Report

  • トヨタ自動車「レクサスLS」
    自動操舵回避支援など世界初搭載
  • 三菱自動車「エクリプスクロス」
    小型過給機で低速トルクを高める

分解レポート Disassembly Report

  • トヨタ自動車「C-HR」(下)
    欧州生産を考慮した部品選択

3大新連載開始!

  • 自動車技術者ためのAI入門
    自動運転と深層学習
  • 電動化の真実
    規制動向、産業動向
  • パワートレーンメカニズム
    コンロッドのないエンジン(上)

3大特典プレゼント! 2月9日まで

特典1

デジタル特別編集版「分解レポート」

アクア、アコードハイブリッドから、BMW、メルセデス・ベンツまで話題の
クルマを徹底分解

 ▶詳細はこちら 

目次

Volkswagen社 「ポロ」、ダイハツ工業 「ムーヴ」、
ホンダ 「アコードハイブリッド」ほか

PDF版はお申し込み後、すぐにダウンロードして読めます。

特別編集版「分解レポート」プレゼント!
お申し込み後、すぐに読めます
特典2

デジタル特別編集版「メカニズム基礎解説」

可変バルブタイミング機構、デュアル・クラッチ・トランスミッション
など、テーマごとに解説

 ▶詳細はこちら 

目次

「ターボチャージャー」、「マルチリンクサスペンション」ほか

PDF版はお申し込み後、すぐにダウンロードして読めます。

特別編集版「メカニズム基礎解説」プレゼント!
お申し込み後、すぐに読めます
特典3

1冊プラスでお得です!

1月号はプレゼント。
ご購読開始は2018年2月号
からとさせていただきます。

最新号1冊無料日経Automotive1月号プレゼント!

いま、定期購読をお申し込みの方に、3大特典をプレゼント!

お申し込みは今すぐ!特典締切:2018年2月9日(金)


日経テクノロジーオンライン有料会員は「日経クロステック有料会員」に生まれ変わります!
「日経クロステック誕生記念」お得なデジタルセット購読をご用意!詳しくはお申し込みページへ

「日経Automotive」と同時申込がお得! 毎月100本の新着有料記事が読み放題

日経テクノロジーオンライン 有料会員

自動車・エレクトロニクス・製造分野の各専門記者が取材した有料記事を毎月約100本配信しています。エンジニアに必要な最新ニュース・技術に関する情報を効率よく収集できます。「日経テクノロジーオンライン有料会員」限定の記事も続々配信中!

さらに毎月100ページ! 計10誌の情報がPDFで保存可能!

自動車・エレクトロニクス・製造分野の専門情報誌にIT系専門情報誌を加えた10誌の膨大な記事データベースから必要な記事を検索し、毎月100ページ(PDF形式)までダウンロードできます。※2002年以降掲載された記事が対象。

日経Automotive+日経テクノロジーオンライン有料会員のお申し込みはこちら 日経Automotive のみの
お申し込みはこちら
※ご購読の開始は、2018年2月号からとなります。

日経Automotive+日経テクノロジーオンライン有料会員セット とは