特許の権利者同士がそれぞれの保有する複数の特許を持ち寄り,互いに特許の実施権を許諾すること。こうすれば,互いの特許を侵害するリスクを緩和でき,商品開発がしやすくなる。ただし,個々の特許の重要さなどはとかく無視されがちで,その特許によってどのくらいの経済効果が出たのか見えにくくなるという難点もある。