コンピュータが単位時間内に処理できる命令数・データ量や,通信装置が単位時間内に伝送できるデータ量などのこと。最大性能というよりは,実効的な性能を表す指標として使われることが多い。

出典:日経エレクトロニクス1999年8月23日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。