アナログ信号をデジタル信号に変換するΔ(デルタ)変調を発展させた変調方式。積分器の次数を上げることで,変調の際に生じる量子化ノイズを高周波数領域に移動できる(ノイズシェーピング)。これにより,音質を上げられる。

出典:日経エレクトロニクス1999年8月23日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。