日経BP社は2014年9月11日、12日に東京・品川で、自動車の経営と技術に関する将来動向を展望する大規模セミナー「BEYOND2020 クルマが拓く未来~これから自動車関連ビジネスはこう変わる~」を開催いたします。国内外の有力自動車メーカー、研究機関などが一堂に会し、自動車とそれを取り巻く新しい産業の可能性、技術について講演し、将来のクルマづくりがどのような姿になるかを展望するものです。

クルマは電動化・電子化、モジュール化、ITとの統合、自動運転といったクルマ単体の進化に加え、エネルギーや交通インフラといった社会システムとの関わりがますます強くなってきます。それに伴って、クルマの使い方も所有から共有、そして自動配車などへと変わっていく可能性があります。こうした製品、サービスの変化によって新しいビジネスが生み出されることが予想されます。

本セミナーでは、1日目をビジネストラックとし、クルマと新しいビジネスの可能性に焦点を当てます。水素インフラ、V2X、新エネルギーなどとのクルマの連携に触れます。2日目は技術トラックとして、燃料電池、非接触給電など将来のクルマの要素技術を取り上げます。 先行きが見通しにくい状況が続く現代、企業が生き残っていくための未来に向けた戦略立案や事業計画を練るために、ぜひご参加ください。