ソフトバンクロボティクスは2015年2月22日、パーソナルロボット「Pepper」のアプリコンテスト「Pepper App Challenge 2015」の決勝大会を開催した。社外の開発者からPepperを使ったアプリを募集。約100作品の応募があり、そのうち10種類のアプリが決勝大会に進んだ。賞金100万円の最優秀賞には、認知症患者などを支援するアプリ「ニンニンPepper」が選ばれた。

ここからは会員の登録が必要です。